読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dサポート

オークション商品の紹介や補足説明等

G&P製 URXタイプ RASの取り付け方

    ◆G&P製 URXタイプ RASの取り付け方◆

 

f:id:niiniigenkai:20160727184917j:plain

上記の物がRAS本体の全パーツとなります。

 

◆参考画像◆

f:id:niiniigenkai:20160727185105j:plain

上が正面(ハイダー側)から見てRAS右側面、下がRAS左側面の写真となります。

 

さて、それでは、早速、取り付けをしていきたいと思います。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185551j:plain

まずは、フレームにRAS本体を取り付けます。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185607j:plain

ガッチリ固定できるまで回せれば良いのですが、最後まで回しきったところ、RAS本体が斜めになってしまったので、少しだけ戻して上の写真の状態となりました。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185643j:plain

アウターバレルを(フレームの)回転止めの溝に合わせて前方から差し込みます。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185629j:plain

写真のバレルナットを・・・

 

f:id:niiniigenkai:20160727185729j:plain

前方から取り付けてねじ込んでいきます。

※ちなみに、写真にはありませんが、今回はシムを6枚入れてみました

 

f:id:niiniigenkai:20160727185758j:plain

やはり人力(手)では、ガッチリ固定できるまで(バレルナットを)回す事ができないので、写真のピンポンチを使ってみました。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185808j:plain

このピンポンチ、写真のように先端を加工して・・・

 

f:id:niiniigenkai:20160727185820j:plain

バレルナットの溝に接触する部分の面積を増やし、力がかかりやすいようにしてみました。

※  ↑ ただの 自己満足ですw 普通のピンポンチでも十分使えると思います

 

f:id:niiniigenkai:20160727185830j:plain

ピンポンチをハンマーでコツンと叩きながら、RAS本体とアウターバレルが強固に固定されるまで、バレルナットをジリジリと少しづつ回していきます。

※ガツンガツンと勢いよく叩くと、アウターバレルを傷付けたり、バレルナットの溝が変形したりしますので、ご注意下さい

 

f:id:niiniigenkai:20160727185844j:plain

無事に固定できました。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185852j:plain

ガスブロック&ガスチューブを取り付けます。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185900j:plain

RAS本体の切り欠きに・・・

 

f:id:niiniigenkai:20160727185914j:plain

RAS下部の突起の位置を合わせてはめ込みます。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185921j:plain

太矢印のロックボタンを押しながら、細矢印方向にRAS下部をスライドさせ・・・

 

f:id:niiniigenkai:20160727185929j:plain

カチッとロックさせます。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185933j:plain

最後にRAS本体側面のねじを左右3ケ所づつ、計6ケ所で固定すれば完成となります。

 

f:id:niiniigenkai:20160727185942j:plain

シンプルなデザインですが、軽量で非常に使いやすいRASだと思います。

7インチの短いアウターなんかと合わせても、しっくりとくるデザインかと。

 

こちらのRASは、今後もコンスタントに出品すると思うので、よかったら使ってみて下さい。

 

ではでは^^